トップページトップページの中の回復期病棟について回復期病棟について

上

回復期病棟について

 回復期リハビリテーション病棟では、脳血管疾患や大腿骨頸部骨折、廃用症候群などが原因で、日常生活を送る事が困難となった方に対して、専門的且つ集中的にリハビリテーションを行います。
 移動・食事・トイレ・入浴等の日常生活活動〈ADL〉を向上させ、家庭復帰を目指すための専門病棟です。
 医師・看護師・介護士・医療福祉相談員・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等の多職種が、ミーティングやカンファレンスなどで連携をはかり、情報を共有して、患者様のADL向上を目指します。また、患者様本人やご家族の希望、状況を取り入れながら、365日体制で休日もリハビリテーションを提供しています。
リハビリ

回復期リハビリテーション病棟

カンファレンス  理学療法  作業療法室

入院条件

  1. 脳血管疾患、脊髄損傷の発症後2ヶ月以内の方。
  2. 大腿骨、下肢、骨盤等の骨折の発症後2ヶ月以内の方。
  3. 外科手術・肺炎等による安静で廃用症候群を有し、手術後又は発症後2ヶ月以内の方。
  4. 大腿骨・骨盤・脊髄・股関節又は膝関節の神経・筋又は靭帯損傷後で発症後1ヶ月以内の方。
 リハビリテーション病棟での入院期間におきましては、当院地域医療連携室の方でご質問、ご相談ください。

上